説明をしておけば日本の自動車だけ

車に乗る方であればご存知だとは思いますが自動車税なるものを支払う義務があります。コディナ アロエジェル

そしてこれは、クルマ買い取りの際に普通に還付される税金なのです。コンブチャクレンズ

これって実際、やるとすぐ頭に入ってきますが、これから一つずつ順を追って出来るだけわかりやすく紹介することにしましょう。サクナサク

事前に説明をしておけば日本の自動車だけに限らず外国の車などでも税金が戻ってくる対象になっています。マイクレ

当然自動車なども当てはまります。メールレディ モコム

車を持つ人が支払う税金で税額は自動車の排気量の大小により定められています。ロレックスの資産価値

1リッターより低いのであれば29500円となり1リッターより上で1.5リッター以下の場合34500円。

これ以降は500ccずつ5000円増えていきます。

そして自動車税は4月1日の時点で車を保有している人が、年度内の自動車税を支払う決まりです。

要は事前納付ということですから、車を引き取ってもらってオーナーでなくなった時では先に払った分の税は還付される事を意味します。

税というのは事前納付で今年度の全額を払いますので一年以内にクルマを引き取ってもらった場合は、新しい保有者がお金の納付義務を負うということになります。

買い取った相手が専門店であれば、売却した際に自分が先払いしている分の税金を返還してくれます。

要は、所有者でなくなった瞬間以降の自動車税は新たな所有権を持った人が支払わなければならないのです。

もしも自分が10月の間に車を引き取ってもらったのであれば11月以降来年3月の間までの税金は返金されます。

というのも、前述の通り自動車税というのは一年分を先払いしているという事実によるものです。

つまり前オーナーは売却相手に税を返してもらうということです。

個人的に自動車を売却する場合には結構このような事実に気付かない人がいますので、ぜひ確認をとるようにしなければなりません。

自動車税という税金はクルマを売った際に還ってくるという事実をあまり知っている人が少ないからと言って、その事実を言わない悪徳業者もあるのです。

自分から自動車税に関しての話題を出さなければ、税金のことに触れないというケースも見られます。

ですから車の買い取りを頼むさいには自動車税が返ってくることを聞くことを忘れないようにしてください。

コンテンツメニュー

    Link