こういうふうに

ありふれた外為取引の本では「損が生まれた時にはナンピン買いすることでポジションの価格を下げる」等助言されている事もありますが、ナンピンにはかなりの罠が待ち受けています。身長 子ども

まず、ナンピンの原理についてごく簡単に記述します。ベッド安い

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。リンクス 脱毛 胸毛

$(ドル)買いですので円安ドル高に推移するほど黒字が出るわけですが、逆に1ドル95円までドル安が進んだとします。抜け毛 シャンプー 女性

その状況で保持し続けたとしたら、マイナスをなくすためには、ドル安になった分、ドル高が進まなければならない。ヴィエルホワイト効果を確かめてみた

皆さん、マイナスは早急に取り戻したい願うだろう。コンブチャクレンズ

この状況を打破するためはじめに注文したのと同じ分のドルを、エントリーします。toyokoinn

すると、ポジション全体の平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。ベビー乳酸菌 口コミ

これで、2.50円の幅で円安に向えば赤字を回復する事ができます。一人っ子

この流れがナンピン買いのロジックだ。アイランドタワークリニックの口コミ・評判| 店舗ごとまとめ

こういうふうに、ナンピン買いの理屈を目にすると「納得だ」と考えるが、マーケットはそう簡単に思うようにはいきません。

元々、95円が下値だということなど、誰にも分かるわけがありません。

仮に、マーケットが円高基調だったら、95円では収まらず、円高にいくリスクがある。

仮定として、1ドル=97.50円でナンピンをした時に1ドル=95円までドル安になっとしたならば、ナンピンしたポジションについても、為替差損が生じてしまいます。

これでは、一番初めに注文したドルと同時に2倍の為替差損を被ることになります。

それほど、ナンピンは難しいです。

であるなら、市場が自身の筋書きとは別の方向にみるみる向う場合どんなやり方でリスクを回避すればいいのでしょうか。

この場面では選ぶべき対策は多くはありません。

ひとつは潔くあきらめてポジションを諦める事です。

ふたつめは今現在、所有しているポジションを減らす事で、外国為替市場がリカバリするのをじっと待つことだ。

ちょっと受動的な手法だとみる方もいます。

しかしながら、所有している買いポジションに損が生じた時一番正しい対策はこの2つ以外にはありません。

確かに、机上では、ナンピンをしてみる術も有効です。

けれどもナンピンは損失を披っているのにポジションを減らすどころか、反対に買いポジションを買い増していく考え方です。

この方法では、危険性を避けることなど、到底無謀だと思ったほうがいいです。

ナンピンをし続ければいずれはマイナスがプラスになるかもしれません。

けれども、そうなる前にお金が足りなくなってしまいます。

コンテンツメニュー

    Link