※市販されている新聞と

破産許可がなされた場合どの程度の不利益(デメリット)が存在するのかは、自己破産申請を考えてみた方々にとって100%まっさきに得ておきたいインフォメーションだと思います。

そこで破産者の被る損害に関連した事柄を列挙形式にしておきましょう。

・公的機関の破産者の一覧に掲載されます。

※公の身分書を作るための文献ですので大抵の人はコピーすることができないですし、免責の決定が与えられれば消滅します。

・官報に記録される。

※市販されている新聞とは異なり普通の書店では扱われませんし通常の人には関係のないことであると言えるでしょう。

・公法のライセンス制限。

※破産宣告者になった場合弁護人、公認会計士、行政書士、税理士など有資格者は失格になって実務が許されなくなります。

・私法におけるライセンス限定。

※自己破産認定者は成年後見人、連帯保証人、遺言執行者になることが許されません。

それだけでなく、合資企業の労働者ならびに株式会社、有限会社の監査役員のとき、退任事由になってしまいます。

・自動車ローンやクレジットカードを利用することが不可能となります。

加えて、破産管財人事例のとき下に記載する制限が存在します。

・自分の財産を好き勝手に利用、廃棄することができなくなります。

・破産管財担当者や債権保持者団体の申請を受けて適当な応答をしなければいけません。

・司法の許諾がないと自宅の移転や長期間の旅をすることは認められません。

・裁判官が必要だと認めるときには本人が捕らえられるケースも考えられます。

・送付品は破産管財役に届けられることになり破産管財役は送られてきた配達物を開けることが許されます。

その他、自己破産人の損失に関して大抵間違われている点を一覧にします。

1戸籍謄本また住民票には記録されません。

2企業は破産したことを要因としてクビにすることはできません。

※破産者が口にしないかぎり周囲に知られる可能性はゼロに等しいです。

3投票の権利や被選挙権などの公民権はそのままです。

4連帯保証者ではないなら家族には返納責任などは存在しません。

5最低限度の生活に欠くことのできない備品(デスクトップPC、テレビなどを含め)衣類などは差し押さえられることはありません。

破産人の不便性についてあげてみました。

破産をしたら返済責任は無かったことになるとしても、上記のようなデメリットが存在します。

破産の申し立てをする上で効用も困難きちんと検討した方がよいです。

コンテンツメニュー

    Link