www.bagelwitaschmear.com

ショップでみなの所有カードが決済可能なのでもありません。□カードの加盟店舗は多くは、複数のクレカとライセンスを結んでいますが一切の商店で全部のサービスのクレカが使用可能なわけでもありません。例をあげていうと古い加盟店舗の場合だとJCBの付いたそのクレカしか決済できないときもありますし今日の契約店舗の場合VISAとマスターといった名前の書いてあるもののみしか決済できない場合もあります。ダイナースクラブカードみたいなカード会社ならば、いっそう使用できない店舗が増えるはずです。何の所有クレカが決済できるかをいかにして判断するといいのか「それじゃいかなる方法で何の所有クレカが使えるかを確かめたらいいの?」という質問だけど正しく知るんだとするとショップの店員に尋ねてみるのみ、ていうのが正直なところ正しい答えです。とはいえたいがいの店やレストランにはエントランスのところなどに切れるクレカのサインが入ったシールが掲載されているため「ふーん、そこの店はVISAカードが使用可能なのだな」という感じで困らないようになってるから確認しておいていただけるとよいと思います。いっぽうで、しっかりと確認が行き届いていないショップの場合には、ロゴマークが貼り付けられている場合でも「当店舗ではお客様のクレカは決済いただけません」という案内を受けてしまうケースもないといえなくもなく、メンツを失うようなこともなくもないです。可能な限りより多くの加盟店でクレジットカードが使えるようにする目的でもう一つのブランド(インターナショナルなブランド)がはいった一般的なマスターカードJCB、ダイナーズライフカード、などのカードをいくつか携帯するようにしたほうがいいでしょう(例として:ニコスカードを使っているならもう一枚はMasterCard付帯のカードを申し込むなど)。もっぱら国内ではVISAカード、マスターカード、JCBの3つのマークが入っているクレジットカードをいつも持っておけばほとんどのカード決済可能店舗でどれかしらのカードを決済するよう準備万端というわけです。クレジットカードをいつも財布に忍ばせて有効的に節約を続けていくにはきっちりと上記のクレカを申し込んでおいていただくようお勧めします。

コンテンツメニュー